入れ歯が合わない理由

入れ歯が合わない理由

 

「痛い義歯」「噛めない義歯」「外れてしまう義歯」・・・
おそらく「義歯ってこんなものだよね」と皆さんが思われているほとんどの義歯が保険で作られた義歯なのではないでしょうか?

今まで保険しか義歯を作られたことのない方に「保険の義歯と自費の義歯って何が違うの?」と質問されます。一言で言うと、技術のレベルと治療時間のかけ方が、保険の義歯と自費の義歯の一番の違いです。

保険治療と自費治療の違いについて、材料がいいか悪いかだけで、作り方は同じでしょうと思ってらっしゃる方も少なくないでしょう。

確かに制度上、保険治療に使われる材料は限られていますから、見た目や機能がいい材質、高価な金属を使う場合は実費負担になってしまいます。しかし、限られているのは材料だけではありません。
実は時間と技術の差こそが、保険と自費の本当の違いなのです。
現在の保険制度では、総入れ歯・義歯は保障される点数が低い治療の部類に入ります。総入れ歯・義歯は本格的に作ろうとすると、高度な技術と、それに見合った時間が必要です。

しかし、保険治療内での総入れ歯・義歯づくりでは、歯科医が時間をかけて、一生懸命つくればつくるほど、残念ながら医院が赤字経営になってしまうのです。

保険治療の場合、時間をかけて丁寧に治療できないことから、患者さま一人一人に合った痛くなく、噛めて吸着性のよい総入れ歯・義歯は、なかなかつくれません。

ましてや、下あごと骨格のゆがみを治し、患者さまおひとりおひとりに合った、痛くなく噛めて吸着性のよい総入れ歯・義歯をつくるには、じっくり診療できる「時間」と「技術」が必要なのです。

当院では、長い目で見たときに、患者さまにとって本当によい方法はと考え、永く快適に使える自費治療の総入れ歯・義歯をおつくりしています。

どんなに高価な金属を使った自費治療でも、痛くてよく噛めなかったり、外れやすい総入れ歯・義歯では、意味がないと考えております。

自費治療だからできる、当院の総入れ歯・義歯自費治療であるからには、総入れ歯・義歯が徹底したオーダーメイド品であるべき、と考えています。

当院には、開業以来、枚方市だけではなく、大阪府全域、京都からも数多くの患者様にご来医院いただき、今までに約2万床の義歯をお作りしてきましたので、技術の面、経験の面で皆さんのご希望に添えると自負しております。

また当院では専用の技工室を併設しており、専属の技工士が在籍していますので、患者様のお口の不具合を察知し、速やかに義歯を手直しすることもできます。

このような万全のサポート体制で患者様のための徹底してオーダーメイドの義歯をお作りしていきます。


ページのトップへ

現在地:トップページ入れ歯が合わない理由